「君は君のままでいい」立花高校の本が出ます!

梓の本

福岡市東区和白丘にある私立高校「立花高等学校」。
一時は全校生徒が3名という、絶体絶命と思われた時期もありましたが、現在では定員数を超える500名以上に増加。
地域の方々からも「立花高校、いい高校やね」と言われるほど、劇的な復活を遂げました。

変化のきっかけは、不登校生や発達障がいのある子どもたちの受け入れ。
現在、立花高校に通う生徒の約8割は不登校経験者です。
しかし、彼らはそこでいきいきと学校生活を送っています。

「環境の変化についていけない」
「周りの生徒たちや先生となじめない」
「自分のポジションが見つからなかった」
「いじめや無視」
「親子関係をめぐる問題」

さまざまなきっかけで、不登校となった子供たちが、
立花高校では、いきいきと活動し、
かけがえのない個性と才能を遺憾なく発揮しています。

彼らの心を開いた、立花高校の教育の真髄とはいったいなんだったのでしょうか。

「できないことを嘆くより、できることを認めよう」
立花高校の目指す「寛容の精神が醸成される社会」とは。

社会問題と向き合いながら歩んだ立花高校60年の物語がこの秋、待望の書籍化です。

タイトル:「いいんだよ」は魔法の言葉 ―君は君のままでいい―
監  修:立花高等学校
編  著:梓書院
価  格:1,500円(+税)
2019年11月発売予定

▼ご予約はこちらから
www.amazon.co.jp/dp/4870356619

▼冒頭試し読みもできます
https://www.azusashoin.com/e-book/iindayo/

▼特設FaceBookページ
最新の書籍情報やメディア情報などを発信しています。
https://www.facebook.com/IindayoHaMahounokotoba/

▼書店様へ
書籍のご注文は、下記お問合せフォーム、またはお電話にて承ります。
https://www.azusashoin.com/contact/
【取次】トーハン、日販、きんぶん図書、大阪屋栗田

関連情報
FBS製作番組「君は君のままでいい 立花高校3年間の記録」がNNNドキュメント’19にて放送されます。
9月29日(日) 25:05~25:35

この番組は、FBS福岡放送で7月21日に放送された「読売新聞スペシャル FBS開局50周年記念 君は君のままでいい~立花高校 3年間の記録~」の再編集番組になります。

【番組内容】
不登校経験者を多く受け入れ、支援している福岡市の私立・立花高校。カメラは3年間、生徒たちのありのままの日常を記録しました。厳しい家庭環境、性同一性障害の葛藤、生徒たちはさまざまな困難に向き合いながら学校生活を送っています。そんな生徒たちのありのままを受け入れる学校。「なぜ立花高校で笑顔でいられる生徒が、社会に出ると笑顔でいられなくなるのか?」立花高校の3年間を通して、その意味を社会に問いかけます。

再放送もありますので、ぜひぜひご覧ください。
10月6日(日)11:00~ BS日テレ
10月6日(日)5:00~/24:00~ CS「日テレNEWS24」

タイトルとURLをコピーしました