azusablog@admin

書評

戦後75年目のバトン

今年で終戦から75年を迎える。 今回紹介するのは、いまから5年前、戦後70年の特集として放送されたNHKスペシャル「アニメドキュメント あの日、僕らは戦場で~少年兵の告白~」制作の取材記をまとめた一冊である。 NHKスペシャ...
梓のつぶやき

現在の新型コロナウイルスへの弊社対応状況について

現在、弊社では「緊急事態宣言」発令から継続して マスク着用、消毒の徹底、検温の実施など感染予防に十分に配慮した上、 車通勤や自転車通勤で対応させていただいております。 今までと変わらず、電話・メール・FAXでのお問い合わせ・注文等...
梓のつぶやき

新人のつぶやき🐛

こんにちは。 ようやく長い梅雨が明け、「雨でびしょびしょになる季節は終わった…これで自転車通勤が楽になるぞ!」と思っていたのに、今度は汗でびしょびしょになるようになった梓の新人です。 本日はこの夏、梓にやってきた新たな仲間たちの...
梓のつぶやき

都市高速を走る路線バス! それどげんなると?

夏の空と雲になった! と、先週感じたのに福岡県には、 梅雨明け宣言は、まだ発表されておりません・・・。 気のせいだったのかしら・・・(^_^;) さて、そんな福岡ですが、 福岡都市高速で、普通に「路線バス」を見かけることが...
梓のつぶやき

棚田

今回は担当した書籍についてご紹介。 『奥八女 矢部峡谷の棚田考』 タイトルからもわかるように、矢部村の棚田に関する本である。 本書にもでてくるが、矢部の棚田は「生きること」につながっている。 棚田といえば、矢部村のお...
書評

ノイズに耳を傾けて

コロナ禍の影響で、オンラインミーティングもすっかり定着したように思える。 これまで頑なに「対面主義」だった方々も、否応なしにオンラインミーティングやテレワークをせざるを得なくなり、加速度的にオンライン化が浸透していった。 別にオンラ...
梓のつぶやき

新人のつぶやき*

こんにちは。 もう7月だというのに、そういえばなかなかセミの鳴き声を聞かないな、 あれ、そういえば毎年いつごろからセミって鳴いているのだっけ…? という疑問が頭から離れない梓の新人です。 先日、ジュンク堂福岡店さんが6月30...
梓のつぶやき

6のつく日に紫陽花を―――

6月も終わろうとしている今日この頃・・・ 皆様は如何お過ごしでしょうか? 梓書院は、雑誌『邪馬台国』138号(2020年7月号)が 出来上がってまいりまして、 出荷の準備に、スタッフが社内をウロウロしております。 ...
梓のつぶやき

フランスの決断

今回のコロナ禍でのニュースを見ている中で、面白い記事を見つけた。 「コロナ禍ではAmazonで本を売らない」 この記事は、コロナ禍におけるフランスの出版業界のある施策について書かれている。 記事を見てみると、コロナ禍におい...
書評

一番スゲェのは、

プロレスなんだよ! 今やアメリカの人気プロレス団体WWE(World Wrestling Entertainment)のトップレスラーのひとりとなった、元・新日本プロレスの中邑真輔選手の言葉だ。 2004年当時、PRIDEやK-...